【ストV】ベガ攻略Vol.70 VSアビゲイル戦 考察

  • Pocket
  • LINEで送る

大会で当たってもベガ出す気にはなれないんですが、それでも被せられてきた時やランクマなど避けれない場面はあるので真面目に調べました。

調べていく内に案外いける?と思うところがなくもないが多分気のせい。

キツイキツイ言いつつもベガ側に有利な点も幾つかあるのでまずはそこを紹介。

 

優位を取れるポイント

まずはアビゲイル自体の切り返しの弱さによる攻め継続のしやすさ。VスキルやEXナイトロなど3Fアーマーはあるものの3F小技を持たず無敵技がないのでベガの得意な打撃固めがやりやすい。

次に対空のしやすさ。アビゲイルのJ強Kを安定して落とせないキャラも多い中、ベガの屈強Pはかなり安定して落とせます。ザンギのようにすかしジャンプからのコマ投げが届くことはそうそうないので安心して出せるのも良いところ。

最後に中距離での差し合い。優位というほどではないかもしれませんが他キャラに比べれば、ベガは結構やれることがあるので五分近くの立ち回りが出来なくもない。

ということで飛びはなんとかなり、中距離でもなんとかなり、近距離で攻めのターンさえ取ればハメ殺すこともなんとかできそうな気がしてきましたね?

中距離での動き

想定としてはベガの立強P先端間合い~トレモ開幕の距離。立強Pをバンバン振りましょうと言えたら良かったんですが、前に出る喰らい判定により多くの技に潰されるので使用は控え目に。アックスもやや使いにくい相手なので基本的に後の先を取るぐらいの気持ちで対空と差し替えしに意識を割いていきたい。

猛者クラスにはそうそういないがずっとボタン押して通常技バンバン振ってくるタイプには飛んでいい。ベガの立強Pのように全体硬直が長いものが多いので普通に飛びが通る。

アビゲイルの牽制でよく使われるものとして立・屈弱P、屈中P、立強Pなどがある。弱P系にはシャドウ仕込みの立中Pや立中Kで勝ちやすい。言うまでもないが立中Kの方がローリスクである。

アビの屈中Pに対しては差し返しができるので、歩きやステップで上手くすかせた際にしたりしてシャドウで差し返していきたい。

立強Pは初動も見切りやすい。故にあまり早く反応してしまうとクラカンを貰ってしまうので注意。ベガの立強Pよりも長い攻撃間合いであるがすかせた時は先端側に喰らい判定が残っているのでそこを殴る。

立強Pを使って差し返しやVスキル吸収も狙えるがタイミングと間合いがシャドウ以上に激ムズになるのでここもシャドウ推奨。シャドウを当てるのも結構ムズイが難しいことやってかないと勝てない相手なので頑張るしかない。

 

ギガントフープ対策

下段無敵気味の半浮き状態で殴ってくるあれ。有利を取れる強度もあり固めパーツとして使ってくるが隙間がガバガバなので上手く割り込んでいきたい。

屈中Pから中・強フープキャンセルに対してはアックス相打ちから立強P、立強K割り込みクラカンダブルニー追撃などができる。中フープにも強K割り込み可能。 弱フープには立弱P割り込みからシャドウなど。ブラスター中強フープに対しても立強K割り込み可能。EXフープには屈中P必殺技かシャドウで割り込みが推奨。

ガードしてしまうとアビ側から見て0.1.2.-2)状況となる。

 

確定反撃関連

■中段ガードは-8F、屈強Kは画面半分の間合い進んできて2連下段-14F
■アビゲイルパンチガード後は全部立強Pで返す。
■ナイトロパンチ打撃は-9F(遠目は確定反撃なし)、ナイトロからの浴びせ蹴りは2連中段で-12F。EXも確定反撃はほぼ同じ
■ナイトロにダブルニーでアーマー割りのカウンターコンボにいけるが当身派生で殺される可能性あり。
CAガード後は垂直始動コンボで最大を

 

無敵関連の読み合い

ナイトロ割り込みはガードやジャンプが間に合うことが多いのあまり意識しなくていいがスキル割り込みはかなり狙われやすいのでブラスト入れ込み連係はレンガか隙間2F以下で組んでいく必要あり。打撃連係も欲張らずに隙間少なめでいこう。4F下段擦りにも留意。トリガー発動中のみにEXナイトロに1Fアーマーが付くのでこれは要注意。

向こうもベガの固めはキツイのでVリバを結構使ってくる。ダウンを貰う打撃系なので極力回避したいところ。発生自体は並クラスの16Fなので多くの場合ガードが間に合うのでVゲージが一本でも貯まっている時は固め時に逐一Vリバ確認をしていく。Vリバ潰しのEXヘッドプレスはかなりやりやすい部類。無敵時間があまり長くなく喰らい判定もきちんと前にでるのでVリバ暗転確認CAをやる場合はディレイも距離確認も不要の最速発動でOK。

アビのCAは上から横まで広い判定があり、すかすのはかなり難しいので読む時は大人しくガードが無難。ただし画面端でのテイルならすかして当てれるので安定起き攻めとして一応使える。

EXナイトロのダブルアーマーはEXインフェルノで一応勝てる。他は全部読み合いになりそう。

 

その他細かいお話

EXヘッドプレスが立ち状態にヒットしたときのみアビゲイルに対して前ステ+14Fが取れる。アックス重ねにいってもいいが、CA以外の対空が間に合わないジャンプ強P重ねが最適。EXヘッドプレスが屈状態にヒット時は前ステ+3Fなのでヒット時の相手の状態確認は怠らないようにしよう。

ゲージは基本的に切り返し用のEXヘッドプレスとCAに回す。EXブラストで無理やり突っ込んでもいいがなるべく切り返し用として残しておきたい。EXニーブッコミはコパン置きに安定して負けるのであまりやりたくないところ。

攻められたら終わるのでVリバもガンガン使っていきたいところ。トリガーは好きな方を選んでいいと思う。

アビゲイルに近距離前ジャンプされてからのJ中Kめくりはアッパーでも屈弱Pでも落ちません。ヘルアタも振り向かないのでかなりキツイです。

立中Pを使うと結構落とせたり前進移動でめくりをすかせたりするので、あまり使いたくないですが振っていきましょう。バックジャンプ弱Kor弱Pもそこそこいけるかな。ガードしたら択タイムになって死にますので死ぬ気で対空頑張りましょう。

トリガー発動中のガークラタメ強Pは一応スキル反射できます。狙える時は使ってみましょう。

 

そんなこんなで調べた後に何回かアビ戦やってみたんですが、やっぱり勝率はよろしくない・・・近距離の固めがキツイ!

せめて下段のアッパー調整を消してくれればなんとかなりそうなんだけど

コマ投げ読みのバクステとジャンプが噛み合いまくったときぐらいしか勝てないよ!どうしよう状態です。

 

Street Fighter - 30th Anniversary Collection (輸入版:北米) - PS4
Capcom Entertainment(World) (2018-05-31)
売り上げランキング: 5,790
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す