【ストV】ベガ攻略Vol.82 キャラ対策メモ&Vトリガー1の価値を見直す

  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

いつもの見たい人だけが見るメモ。

キャミィのVリバ後

端でアックスとか使うと絶対やってくるんだけど、そこはまあ良しとしよう許してあげよう。だいたい確定で当たるのでヒット後はキャミィの+2F。こっからおまけでよく立中Kをやってくるのがセオリーだ。立中Kは8Fなので計算すると6Fまでの技で割れる。

中Pで相打ちとっても仕方ないのでベガの場合は立弱Pを使う。被弾時にしっかり反応してタメを用意してれば立弱P>中ダブルニーが安定して良い。ダウン重視ならコパインフェでもよい。立弱Pはカウンターで当たるが先端になることが多いので中攻撃には繋がらないことが多いのでこちらを狙う必要はない。

他のパターンとしては屈中Kや前飛びが多い。立弱Pはキャミィの中足にも勝てて、空振り後は対空も頑張れば間に合うので、中ニー仕込みのコパを振った後はすぐに対空意識で大体なんとかなる。

 

バーディー戦の固め

バーディー使いはガードで我慢するのが大嫌いなので固められてるときに、前飛びトドプレス≧EXホーン(orVT発動中ホーン)>軸ズレホーン>バクステ空中くらい逃げから色々での切り替えししか狙ってこないのでそれを予想・抑止しつつ隙間が空いてもいいのでガンガン殴るが吉。小技割り込みをしてこないとわかっていれば5~7F開くような大胆な固めで白を取ったりジャンプ移行を狩っていきやすい。時々、空対空&ホーン待ちガードをすると良い塩梅になる。ブラスト読みでのホーン割り込みも多いので固めでのブラストの使用は工夫しながら行う。

 

Vトリガー1を見直す

以前はあまり強くないと切り捨てたVトリガー1ですが、2の弱さが最近バレてきたので選択肢に入れる必要が出てきました。半年ほど集中的に使ってきましたが、やはりベガのスキルの使いにくさから2回発動は難しいというかほぼ不可能ですね。クラカンもある程度ベガ戦に慣れてる相手だとほぼ取れないので被弾ダメージでのVゲージ回収しか狙えないので厳しいものがあります。

加えてクラカン火力低下による殺しきれない場面の多さです。やっとこさクラカンを取っても火力が伸びないうえにトリガー2は発動中でもコンボダメージがあまり伸びるわけではないので攻め手に欠けます。また色んな場面で使う3F弱Kからつなげるための技が、入れ込み限定かつ命がけの弱ダブルニーだけというのもトリガー2選択時の弱点です。

クラカン補正によりベガ自体も死ににくくなったので以前より3ゲージトリガーも発動しやすくなりました。

発動補正が乗ったとはいえダブルニーからのキャンセルダメージの伸びや、インフェやブラスト発動からの崩しは魅力的。発動中のコンボダメージがCAを使わずとも倍近くに伸びるのも強い。

2のほうが安定性が上がるという評価も確かに部分的に見ればあるんですが、1もEXヘッドの無敵や確定反撃消しのEX技キャンセルなどゲージ消費こそ激しいですがローリスクな動きをなすことができるようになるので1も拒否性能は中々あります。

まとめるとコマ投げやサイコクラッシャーは崩しとして使いにくくなってきたうえにコンボ火力も伸びにくいサイコナイトメアでは勝ちにくくなってきた今、暴力的な火力とゲージ前提とはいえローリスクな動きもできるサイコパワーに頼らざるを得なくなってきたというところ。前ステ裏周りは全体Fが変わらない限り画面見てない25Fもの時間を余所見してる人にしか当たらない欠陥崩しですが、今のベガは歩き速度が上がったのでお願い前ステ頼みの動きをしないでもなんとかなります。

 

見つめ直してみると1を使う組み合わせも結構ある。3割が1、3割が2、あとの4割はどちらでも可みたいな感じですね今は。

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す