【ストV】ベガ攻略Vol.77 4月3日の調整による自キャラとキャラ対策への影響考察

  • Pocket
  • LINEで送る

ストV至上最悪のバージョンでしたが、ようやく終わるのか・・・と思いきやベガはあまり強くならないかもという印象。データと照らし合わせながら考察していきます。

まず全体の調整について

・クラカンコンボの補正値アップ

全体調整だがベガはクラカンコンボに頼る場面が多かったので火力減少による影響は大きい。他キャラのシコ昇龍のリスクが実質減ったも同然なので昇龍持ちには実質強化であるところも差別感ある。

・必殺技仕込み投げ抜けを不可に

全体調整。ベガはできなくはないが、現バージョンではやる価値が薄かったので影響は少ない。他キャラのインチキに付き合わなくなったのでどちらかといえば追い風。

 

ベガの弱体化点

・しゃがみ弱Pの上方向への攻撃判定縮小

一度弱くなっていましたが、更に弱くされました。豪鬼戦でかなりきつくなることが予想されます。

・しゃがみ強Pのやられ判定を上方向に拡大。

コパ対空消す代わりに発生遅くてリターン皆無のアッパーを上半身無敵気味にしたよっていうAEのメイン調整をなぜか消されることに。またネカリやケンの飛び込みに良くて相打ち状態が続くのか・・・

・サイコバーストの発生が17Fに

唯一の守り技であるVリバが弱体化。今まで16Fだからこそ確定させて使ってた場面も結構あったんだけど、それが台無しになったのは結構痛い。

ベガの強化点

・前投げのダメージが10アップ

ふーんレベルの調整。どうでもいい。

・サイコクラッシャーの下半身部分のダメージアップ70→100に

めくりサイコに使える部分の火力アップは嬉しい!二回めくっても140だったのが200になったと思えば相当な強化。下記調整も含めてトリガー2の価値がかなりあがったね。1は個人的にはつまらんからノー調整でも別に構わない。

・非ロック時のEXダブルニーをサイコクラッシャーアタックとジャッジメントでキャンセルできるように

・ジャッジメントのコンボカウント緩和

最大コンボの火力が更に伸びるようになった。EXダブルニーからジャッジメントやっても今のままだとカウント制限で追撃できないからそのための2個めのやつは調整かな。

立強P>強インフェルノ>EXダブルニー>ジャッジメント>ヘルアタック>強インフェルノ>EXダブルニー>サイコクラッシャーアタック

で550ぐらいは減ってくれるといいな。守り弱くした代わりに火力更にアップさせてやったよって調整なんだろうけど、ジャッジメント当てる機会は超絶少ないから、このコンボ出せる機会がどれだけあることやら・・・Vリバ被弾で爆破モード消失が起きないぐらいの調整が欲しかったところだが、ないものねだりしてもしょうがないのでしばらくはこのコンボ出すために頑張っていきましょう。Vトリガー2を更に面白くしてくれてありがとうとだけは言っておこう。

他キャラの調整によるキャラ対策への影響

■リュウ

立ちコパ対空弱体化によりくだらん表裏は受けづらくなったので追い風かな。ただ強化点も多いからめんどくさくもなってる。

 

■春麗

あんま変わらないから影響は少ない?

 

■ナッシュ

純粋バフされているのでより面倒な相手に。

 

■バーディー

しゃがみ強Kがガード-14Fになったので、先端ガード時は弱ダブルニーではなくEXダブルニーも当たるようになった。またやられ判定が残るようなので屈中Kとかで見えない領域に残った判定を蹴ることもできるかも?

■ケン

ほぼ純粋バフなのでより面倒に

■ネカリ

たいして変わらないので相変わらず面倒。

■バルログ

コパ対空されなくなったので飛びを通しやすくなった点は大きいかな。バフも多いのでトータルで見ると影響は少ない。

■ミカ

しゃがみ中P表裏が吹き飛び方向増大で出来なくなる?ならだいぶ楽になりそう。

■ラシード

弱体化点が多く、それと噛み合う形でベガに追い風が来る点が多いのでかなり楽に。弾キャンセルに割り込める点が多くなったし3F固めでバクステや入れっぱ擦ってもOKな点が増えたはありがたい。EXイーグル逃げもできなくなり壁張り付き時間も伸びたので端攻め継続しやすくなった。Vリバされてもベガは前から狩るのが簡単だったし、キャラ差が一番縮まった組み合わせ。

■かりん

Vリバからの持続大蛇起き攻め出来なくなってる?火力減少調整が多いがVトリ2強化でトントンっぽいからあんま変わらんかな。

■ザンギ

あんま変わらん

■ララ

しゃがみ強Kの硬直が2F増加によりガード時-14Fになったので、持続当て起き攻めをされてもガード時に安定してベガの立強Pで確定反撃を取れるようになった。Vリバ発生鈍化により固めやりやすくなった。

■ダルシム

純粋バフ多数なのでより面倒に。vリバ発生鈍化により固めやりやすくなった。

■ファン

立弱P対空されなくなったのは良さ気。端での前投げ柔道も消えた。CAからの追撃がユンみたいに出来るようになったっぽい強化はあるがあまり影響はない。vリバの終わり際に喰らい判定がしっかり出るようになったので立強pでしっかり狩れるように意識していきたい。

■アレク

Vリバ発生鈍化により固めやりやすくなった。中段ガード時-8Fにより立中Pで多分安定反撃が出来るように。他の強化点が結構ヤバイのが多いので超絶面倒な相手になった可能性あり。

■ガイル

Vリバ発生鈍化により固めやりやすくなった。ソニックのガードバック縮小がめんどくさそう。Vリバでとっとと固めを終わらせる動きも組み込んでいく必要あるかも。

■いぶき

Vリバが超絶弱体化したので攻め継続しやすくなった。J強K強化により屈コパ対空で済ませられる相手ではなくなったので対空をしっかりやっていきたい。

■バイソン

Vリバ発生鈍化以外はほぼ純粋バフなので面倒さは増した。

■ジュリ

いぶきもだけどVリバ鈍化を2Fも鈍化してくれたのは超絶ありがたい。投げ後の攻め継続がしづらくなったっぽいのも追い風。

■ユリアン

Vリバ発生鈍化以下略。中段ガード時届かないことが反撃が多かったんだけど、それがなくなったのは追い風。

面倒なタイラントはバフと弱体化が絡まってるからトータルで見るとあんま変わんない印象。

■豪鬼

Vリバ発生鈍化に加え吹き飛び増加されたのでEX百鬼起き攻めできなくなったっぽいのは超絶ありがたい。しゃがみ強Pの硬直増加により、置きブンブンしてるやつに差し返しを狙えるかも。

EX昇龍の判定変更により安定のアックス起き攻めカス当たり逃げができなくなったかもしれないのは怖いところ。

■コーリン

強化点もあるが、弱体化点のほうが目立つので少し楽になった印象。

■エド

最強クラスのVリバが超絶弱体化されファンレベルになったのでしっかり硬直に攻撃を当てれるようになった。アンカーの空振り時、垂直で躱した際にあえてジャンプ攻撃を当てないで着地後に立強Pを当てるっていう隠れたやりこみポイントがあったんだけど、硬直が17Fも減るっぽいので出来なくなる場面が多そう。

■アビゲイル

見る影もないほどの超絶弱体化を見て笑った。五分近くになったかもしれない。

■メナト

何故か強化点がやたら多い。向こうが強くなっただけなのでベガとしてはやりにくくなった。

■是空

何故かVリバが発生17F→12Fになる超絶強化(ダウンはなくなって春麗みたいな感じ)。擦られまくったらかなり面倒に。宿命キャンセル追撃出来る点が多くなったので火力アップなのかな?新しいコンボも増えてそうだけど、そんなにキャラ差は変わらんかな。

■さくら

Vリバ発生鈍化。疑似柔道立コパ対空不可に

■ブランカ

調整点は多いがベガ側の動きで変えていくところはあまりない。

 

 

PlayStation 4 Pro グレイシャー・ホワイト 1TB (CUH-7100BB02)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-03-08)
売り上げランキング: 159
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す