【ストV】ベガ攻略Vol.71 Vトリガー2の運用方法

  • Pocket
  • LINEで送る

 

運用プランについての考察。2回発動を見据えれば1よりも強いはずなんだけど一回発動しかできないとやはり物足りなさがあるね。

発動ポイントは基本的に4つ

■シャドウアックス

フレーム状況的に見るとあまりよくないが、リーチの長い立中Pで触ってから入れ込みで使えるので使いやすさとしては一番。

■屈中P

ガード時のフレーム状況は一番良い。バクステ回避不可の打撃と投げの純粋択を狙える。しかし密着発動にしないと理想状況にならないため、前提として間合いを詰めるリスクが発生する。

■スラ

踏まれる危険が大きいが、超ロングレンジのスラが無料で撃てる以上狙いたくなる。クラカン最速発動できれば安定した4F詐欺飛びもできる。立ち回りの中でガード発動を狙うと間合いが離れてしまい、ディレイ発動で密着には出来るが有利Fが減って択かけにリスクが生じる。起き攻めスラ重ね最速発動により密着状態で最高の有利F(+4F)が取れるので投げ後や必殺技ダウン後に狙うのは結構あり。

■生発動

リターンゼロに近いがリスクもゼロに近い。各種ダウン後、中・遠距離などに。

タメ不要のサイコクラッシャー、近距離のコマ投げを持つことで相手にプレッシャーを与える。

 

基本は上記の4つ。あとは飛びが入ったときに屈強Pキャンセル、ヘルアタの中継で補正切りサイコCAとかレアケースなのが幾つか。

発動後の動き 推奨最速消費プラン

・コマ投げ>サイコめくり

コマ投げ後の起き攻め打撃成功コンボからの起き攻めor補正切りや、相手が受け身を取らなかった場合に狙う。

・サイコ先端当て>コマ投げ

先端で有利取れることも、発動中コマ投げを持ってることもバレてきているので通りにくい択ではある。飛ばれた時のリスクを考え安定の通常投げからのジャンプ逃げにヘルアタとかもやりたいところ。

・サイコ先端当て>打撃択コンボ>めくりサイコ

非常にローリスクにゲージを即吐きできる連係。めくりサイコにいかず、コマ投げのプレッシャーを維持したまま通常の起き攻めを行うもよし。

・打撃コンボ>締めにサイコクラッシャー>起き攻めコマ投げorめくりサイコ

コンボにサイコクラッシャーを組み込むと激安なため正直もったいないが最速消費を狙うという目的で考えていくならば考慮に値する使い方ではある。

・コマ投げ>削り連係>ジャッジメント>アックス>コマ投げ

ガンガードしてる相手へ決まると脳汁が出る超理想連係。絶大なリターンがあるがリスクが大きいかというとそうでもない。

・サイコクラッシャー相打ち>強ダブルニー>サイコクラッシャー

・めくりサイコ相打ち>サイコクラッシャー

幾つかレシピはあるが殆ど以前の配信で語ったので省略。コンボダメージも悪くなく安全にゲージ放出できるプラン。

・起き攻め持続サイコ重ね>コマ投げor打撃コンボ締めサイコクラッシャー

最大で+4F取れると噂されているサイコクラッシャーだが、最終持続当てをすると+5Fを取れる。

・発動中に打撃コンボ>めくりサイコ>めくりサイコ

恐ろしいことに両対応レシピもあり、安定してダメージを取れる。

・コマ投げ>打撃コンボジャッジメント締め>ヘルアタ1hit>地上立強Kキャンセルサイコ>CA

画面端まで届いた時に狙いたい補正切り連係。立強Kのところを屈強Pにしたほうがダメージはあがるがちょっとタイミングを取りにくくなるので私は立強K派。

 

以上のプランを用いて自身の被弾なくゲージを吐き空にすることで二回発動は現実味を帯びてくる。しかしながら、超火力を持つ相手やVリバを一回でも使った場合、発動が遅れ残体力が5割を切っている場合などは2回発動を諦め、ヒット時のみキャンセルして火力を伸ばしたり無理をせずVリバーサルに回したりする意識をしていくことが勝率を上げるうえでは大事である。

じっくりプラン

付与技を使わなければ60秒近く発動状態を維持できるので、無理に付与技を使わずにココイチ用に温存する。発動せずにVリバーサル視野での温存もありだし、発動したまま防御時にサイコ暴れがいつでも出来るようにしておくのもよし。ため不要のローリスク突進であるサイコクラッシャーを持つことで相手の前歩きを抑止できる効果はとてつもなく大きい。

理想的な使い方としてはサイコクラッシャーの確定場面での運用である。モーションの大きいバーディーやユリアンのスキルに見てから確定を取って当ててダメージと起き攻め権利を得られるのはリターンは高い。起き攻めでのめくりサイコは今のところガードされたことがないのでたった70とは言え確実に取れるダメージとして計算に入れられるのはデカイ。

また立ち回りのシャドウや入れ込みブラストからキャンセルサイコクラッシャーとすることで火力上昇に一役買える。スタン値が後ほんの少し欲しいときなどEXゲージ不要でコンボダメージを伸ばせるはかなり大きい。

サイコクラッシャーの削り値は25あるので強ダブルニーキャンセルからCAの中継に使うと合計で111ダメージを確定削りとして使えるのも見逃せない。

コマ投げ成功時の爆弾付与状態でじっくりと動くのも大事。ここで大事なのはぶっ放し攻撃を受けないことは勿論のこと、Vリバ確定攻撃をさせないことが最優先事項。アックスや必殺技の入れ込みはもちろん、相手キャラによっては立中Pも封印。相手に抵抗するゲージがなければ封印は要らない。付与状態時は前歩きやジャンプを含め相手の行動を大幅に制限しているのでじっくりと距離を詰めて端に追いやるだけでもリターンは得られている。体力リードしていれば時間稼ぎとして使うのも充分にあり。

 

コマ投げプラン

当て投げプランしては立弱P(1~2回)、立中P、ジャンプ攻撃からなどが狙い目。アックスガード後、後ろ歩きで投げと打撃択から逃げようとしたやつを捕まえることもできる。前ステを見切れない相手には前ステから使っても良し。ダブルニーヒット後にやるのも良いだろう。

しかしながら隙きがあまりにも大きいのでなるべくコンボに使いたいところである。発動コンボか立ち回りの打撃から狙って決めたい。

キャンセルしてもリーチが伸びるわけではないので以下のルートを使うのが基本となるだろう。

・屈強Porシャドウ>発動>立強P>コマ投げ

・屈中P>発動>屈中P>コマ投げ

・屈弱K>屈弱P>コマ投げ

・屈弱Kor屈中P>立弱K>コマ投げ(ムズい)

・ジャンプ攻撃>立強Por屈中P>コマ投げ

理想は補正が乗らない状態の最後のひと押しで決めてピヨらせてからヘルアタまで挟む最大コンボに持っていくことだがそううまくはいかないだろう。

面倒なのはコマ投げ後にスタンリーチとなってしまう場合。一見悪くないのだが仮にその後にスタンを取れても最大コンボの途中に爆破割り込みが入りコンボが邪魔されることがある。とはいえ、爆破でスタンを取れれば特に問題ない。

ジャッジメント(起爆)のコンボルートは過去記事に書いてあるが、相手が浮いてるときに爆発した場合についても書いておく。

手動でもオートでも、空中で爆発した際、地上爆破後と追撃レベルが同じなのでヘルアタコンボにいける。ただし都合良く届くところにいるとは限らないので距離を見てスラやニー追撃に切り替えていく。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す