【ストV】キャンセルしないタイミングの仕込み技で行うVリバ狩りテクニック「トランス」

  • Pocket
  • LINEで送る

過去に紹介した仕込みテクを使いこなている読者の方々ならもう知っているであろうテクニックだろうが、まだ域に達していない人達のために公開解説を行う。

■【ストV】打撃にVリバ狩りの投げを仕込むスーパーテクニック「オートマ」を徹底解説! 前編

■【ストV】打撃にVリバ狩りの必殺技を仕込むスーパーテクニック「オートマ」を徹底解説! 後編

■【ストV共通攻略】春麗・ザンギ・是空・ケンの12F発生Vリバ対策を全キャラまとめて

 

このテクニックは上記で述べたものと同様にVリバの暗転時間を利用したテクニックであるために相手依存で成否が決まる。

とはいえ浸透してるわけでも簡単なわけでもないので、分かっていたとして意図して遅らせてVリバを使おうという人はそうそういないと思うのであまり心配はしなくていい。

 

前置きもほどほどに内容に移ろう。

 

通常技には必殺技にキャンセルできるタイミングを定めたキャンセル猶予時間というものが存在する。

仮にあるキャラの強パンチのキャンセル猶予が17F用意されていたとしよう。

ガードあるいはヒットさせながら17Fまでに入力を終えることで当然キャンセル必殺技となって必殺技が出る。

波動拳などならローリスクに終わるがコマ投げキャンセルを使った場合はどうなるか。

当然すかる。ガード硬直中に投げをぶつけてもスカるのは言うまでもないだろう。

 

しかし。もし直前の打撃をVリバーサルで返されたら?

 

それは投げ無敵のないVリバーサルのモーションとコマンド投げがかち合う形になり吸うことが出来るだろう。

 

ここで解説するのは

「あなたどうせVリバするんでしょ。んじゃもうキャンセルで入れとくわ!」

っていう1点読み博打ではないという点をご理解頂きたい。

 

だってVリバされなかったら隙きを晒して負けちゃうでしょう?

 

なので必殺技が出ないタイミングで仕込む。それが「トランス」というテクニック。

 

ようするに17Fの猶予がある通常技ならば

18F目に必殺技を仕込むことでガードなら⇛出ない

Vリバされたら暗転時間によりゲーム内時間がずれるので⇛18F目の仕込み技がキャンセルで出る(オート)

というのが実現可能なわけだ。タイミング良く仕込む必要があるので簡単ではない。高等テクニックに部類されるがリズム感のある人ならば習得は早いだろう。

これの恩恵として自動で必殺技キャンセルの有無をシステム任せにできるのはもちろんのこと

”暗転見てから行動ではできなかったもの”が出来るようになることだろう。

そして仕込み対策の遅らせVリバに対してはガードが間に合い、完全な切り返しを防ぐことができる(場合もある)

 

当然のように上記のコマ投げはもちろんCA仕込み、さらにはトリガー発動仕込みなんてのもありだ。

コマンド入力が不要でボタンセットしてればワンボタンを押すだけの仕込みなので難しくはない。

 

本来暗転見てからでは発動したVトリガーては被弾してしまうのが確定していたVリバに対しても

仕込みトリガー発動ではロスタイムがなくなり投げが間に合う、あるいはガードが間に合う硬直タイミングになる⇛無敵技でVリバを潰す。

なんてことができるようになるのでコマ投げ持ち以外にも仕込みが有効に機能するキャラや場面は多いだろう。

※動画ではレコードでやってるためガード時の攻め手の動きがおかしいが実際の場面ではトリガー発動後の暗転中に諸々の行動を行えばよい。発動しない時はガードを入れておく。

 

このテクニックはキャラや仕込む技によって難易度がかなり変わる。エドの立強Pは猶予ゼロのビタ目押しが要求されるが豪鬼の屈強Pなどは猶予多めでやりやすい。

 

確定場面以外でVリバを使うのは甘えなので、みんなもVリバ許さないマンとなって仕込み狩りを楽しんでいこう。

相手が安心しきって出すVリバを打ち破るのはとても楽しくて病みつきになります。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す