【ストV】影ナル者(KAGE)攻略Vol.2 崩しネタ考察

  • Pocket
  • LINEで送る

この性能で体力900は果たして・・・・と疑問が湧いてきたこの頃。持続中段はともかく、低空EX竜巻めくりは人類にはガードできないのでそこに光を見いだせるのではと徹底調べ。
低空EX竜巻のコマンドに全然慣れなくて私には使いこなせそうにないんですがKAGEディスコード民の協力のおかげでお願い検証してもらい、なんとか仕組みを把握できました。

VT1の現実的な崩しネタはヤス氏のが一番良さそう。

地上竜巻ヒット後に竜巻で表裏。これだとその場に裏周り-1F、後ろ受け身に+4Fの表落ち。

全部の竜巻から狙えるので色々調べておくと良い。

 

かげの個性とも言えるメイン崩しとして持続当ての中段と低空EX竜巻めくり(以下低竜と略す)があるんですが、これの仕組みとレシピを解説します。

まず持続当て中段ですが、これは+23F状況から狙うことでヒット+3Fとなり3Fコパンに繋げコンボにもっていくことができます。レシピがバレていても体感下段を混ぜることで幻惑的な崩しとなるのでワンパターンに陥らないようにしていきましょう。

以下、現実的に狙えそうなレシピまとめ

持続セットプレー

禊>立中P空振り>中段(安定)

弱竜巻>前ステ>中段(後ろ受け身用)

屈強K>中段(後ろ受け身用)

地上ヒット弱昇竜>中段(後ろ受け身用)

TC>屈弱P(3弱Pで出す)>中段(後ろ受け身用)

 

次に低竜ですが、これはどの場面でも狙えますがしゃがみ状態の相手に当たりません。なので中段を意識させたセットプレーに混ぜることで機能させることが出来ます。
そしてしゃがみガードをしていたとしても起き上がりに一瞬経由する立状態のフレームに当てることで中段めくりとして機能させることも出来ます。ただしここでも持続当てをしないと+2Fしか取れません(カウンターすれば4Fですが)
まず屈状態相手の起き上がりにめくり当てできるフレームは+24Fです。この状況はたくさんあるので狙いやすいです。
そして肝心のめくり当て可能かつヒット時に+3F取れる状況の+25Fは現状では1つしか見つかっていません。新しく見つけた方がいたらぜひ教えて欲しいところです。
以下、現実的に狙えそうな場面。
弱竜巻>弱昇竜後に低竜(後ろ受け身にヒット+2F)
強竜巻>前ステ>低竜(後ろ受け身にヒット+3F)

このとき屈状態なら小技二回、立ち状態なら一回、カウンターしたら屈中P始動コンボが狙えます。

セットプレー作りに役に立つ全体フレームまとめを置いておきます。開発にご利用ください。僕はもう疲れたんで次の調整まで触ることなさそうです。

全体F

技名

全体F

立弱P

12

屈弱P

13

屈弱K

14

前ステ

16

立弱K

17

立中P バクステ

21

屈中P

23

屈中K 投げ

24

立中K

29

立強P

31

立強K

32

前強P

33

屈強K

34

スキル

46

中段

47

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す