【ストV】影ナル者(KAGE)攻略Vol.1 5分で分かる戦い方の基本方針

  • Pocket
  • LINEで送る

影ナル者はトレモでちょこっと触っただけでは分かりにくい魅力と強さを持っているので、じっくりと腰を据えて触ってみると景色が変わってきます。

まずは主軸としてはやはり弾。といっても普通の波動拳は立ち回りの中で打つ必要はほぼゼロです。

灼熱を多用していきましょう。豪鬼と違って発生と全体Fが短くなっており優秀な飛び道具として機能します。

強は起き攻めでの重ねや撃ち合いのアクセントに使うぐらいで基本は弱でバンバンいって相手を飛ばせましょう。

 

対空ですが、道着なだけあって昇龍拳がやはりメインに。中が対空無敵で真上にも気味の飛びにも強いので、近めや振り向きで狙うときは中を。2Hitさせるように引き付けて撃ち落としましょう。

強昇龍は中とダメージは同じですが3Hitになって気持ちいい対空になります。こちらは4F?からの打撃・弾無敵が付いてるのに加え中でカバーできない範囲である、少し手前気味の飛びに対応しています。

引き付け初段ヒットキャンセルCAを狙う際は強昇龍から狙うと演出に入りやすく高ダメージを狙えます。

その他の対空としてJ中P、屈強P、立強Kなどありますが、まずは中と強の昇龍拳を安定して使い分けれるようにしていきましょう。

 

近距離の防御時は屈弱Pがしゃがみガードしながら使える暴れ技として優秀です。シミー狙いの敵には中足暴れも良いでしょう。

どちらも刻む余裕はないので波動拳を入れ込んでしまって大丈夫。

無敵暴れとしては投げ無敵の弱昇龍、完全無敵のEX昇龍拳がどちらも発生3Fで優秀です。

バクステの距離は短いですが全体F21というトップクラスの優秀さを誇るのでこちらも多用していきましょう。

 

攻めるときですが、飛び込みでは空刃脚とJ強Kが強めです。J中Kのめくりの厚さも信頼に値し、飛びの鋭さも相まってバッタプレイでもそれっぽく戦うことができます。

固めの始動は屈中P・立弱P・屈弱Pあたりを始動にリターンの高い屈中K・立強Pなどを織り交ぜていきたいところです。

中足確認竜巻を狙うとき以外は基本的に必殺技を入れ込んで削りと崩し、ゲージ稼ぎを狙いましょう。

どの技も優秀ですが竜爪脚が一番相手へのストレスになります。ネカリスタイルで入れ込みからの逆択や相打ちコンボ、暴れつぶしを狙っていきましょう。

以下レシピ

3F暴れ用

立弱P・屈弱P>波動、割り込み狙いに相打ち+17前後

屈中P灼熱>割り込みに相打ち

屈中PEX波動

相打ち、中央なら前ステ屈弱P竜巻コンボへ

屈中P>立強P
3F暴れ潰しでカウンターしたら中灼熱に繋がる。


立強P>中灼熱
3F暴れ潰し
、端なら弱・EX昇竜追撃可能

屈弱P>立弱P

連キャンで暴れ潰し。カウンターしたら+6F

屈弱K>屈弱P

連キャンが解けるタイミングで出すと暴れ潰しになる。

屈中P>中竜爪

3F相打ち。キャラによっては+19前後


立弱
K,中足,立中K>弱竜爪

一方勝ち。カウンターヒット時は立弱K弱竜巻

4F暴れ用

立弱P・屈弱P>波動 

ヒット後に端なら立弱K弱竜巻コンボへ


屈中
P灼熱>割り込みに勝ち

端なら強昇竜追撃

屈強P灼熱に割り込みで相打ち。

追撃は強昇竜かVスキル

屈中P>中竜爪

一方勝ち。カウンターヒット時は立弱K弱竜巻

 

ゲージを稼いだらコンボの中に各種EX技を盛り込み、大ダメージを狙っていきましょう。中央なら通常技>EX竜巻>竜爪で起き攻め付きの火力コンボになります。

中央で弱昇龍締めコンボをやると起き攻め移行がしにくいので弱・中竜巻後の追撃で弱をやるぐらいだったらそのまま落として歩きとステップで密着択を作っていくのも大事。

 

Vトリガー選択ですが、1の阿修羅絡みの連携があまり機能しにくく、絡めるコンボも狙いにくく火力もあまり出ないのが現状です。今後見つかるネタ次第では選ぶ価値も出てきそうなのですが、現状は2の爆発力のほうが優先度は高いと思われます。

VT2発動中に、どのコンボの締めにも使える”禊”。これは受け身不可・密着択を作る強力なものとなっており補正がどれだけ乗ろうとも使っちゃっていいなという技になっています。

簡単に調べただけでもコンボに行ける持続中段など強力なものが並んでいます。

禊からの起き攻め

立中P空振り>中段で持続当て+3Fガード-5F

立中K空振り>波動拳+5/0

立中P立中P空振り +3F

前ステ屈中K空振り +3F

バクステから前J中Kと空刃で択

前強P空振り立強Kでしゃがみにも当たるクラカン重ね+5/-1
バクステ中段ヒット+2>瞬獄殺に繋がる
弱竜爪空振り屈中Pヒット>屈強Pに繋がる

コンボレシピはメノさんがアップしてくれた動画を参考にどうぞ

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す