【ストV】エド攻略Vol.14 Vリバ狩りアンカー

  • Pocket
  • LINEで送る

ももちさんが言ってたんですけどエドの強い(強かった)ところは、柔道・Vリバ・バクステの3つだったんですが、全体調整のあおりを受けて3つともなくなってしまったので個性のないキャラになってしまったんですよねぇ・・・
今回の調整でコンボの繋がりにくさは多少改善されたものの立ち回りの弱さは据え置きのままなので結局最弱候補から抜けれず・・・
ないものねだりしてもしょうがないので1つ1つの技を見直して少しでも強そうな部分を活用していこうと日々研究し、今回もその成果をお披露目する。

リバ狩りアンカーは距離限で狙うテクニックです。
エドのためアンカーは全体Fがとても長い技なので勘違いしやすいのですが、ガードさせてVリバを使われた際に確定する部分とガードが間に合う部分と投げが間に合う部分の3つがあります。

密着でガードさせてVリバを使われた場合は基本的に確定で喰らいます。しかし引き寄せはじめじゃないとVリバできないので練習してない人は最速Vリバをミスってくれるので投げは間に合わずとも無敵技が間に合うことが稀にあります。どうせ確定ならミスに期待して擦っておきましょう。

そして遠くで使われた場合はVリバがすかるので硬直に足払いや中足アッパーなどを狙っていきたいところです。

引き寄せ始めてからはエドの硬直がかなり減少していきます。相手がVリバを当てようと近くまで来てから発動するようものなら投げで潰すことができます。密着までいかないところでもEXアッパーかCAで潰すことができます。

このリバの発動した距離の見極めが今後大事になっていくことでしょう。起き攻めで安定して重ねられる場面は少ないですが、密着ではなくあえて距離を作って重ねらればVリバにリスクを与えることが出来るのをしっかり覚えておきましょう。


  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す