【ストV】エド攻略Vol.10 現バージョンでの有利不利などのキャラ相性

  • Pocket
  • LINEで送る

あんまりこういうのは意識せずに、全キャラにいける!という気持ちで取り組んでいるんですが多キャラ使ってるとかこっちのほうがまだいける!とか考えを切り替えていく必要もあるので整理も兼ねて作ってみた。

五分だな~と思うキャラを除くと6割近くに不利がつきそうなのですが、これは.3とか.5の僅かな差が大半なのでガイル豪鬼メナト以外はド根性で結構食らいついていくことができます。ただまあ、このキツイ3キャラに関しては淡々と処理されがちな試合展開になりやすく光明が見えてこないです。メナトはコケたら死んでくれるんですが、豪鬼ガイルはどうすれバインダー状態。

悲しい話を続けてもしょうがないので有利なキャラの話。エドのソバット(立強K)が撃ちやすい相手には地上戦がやりやすくなるので道着系に多い長い4F技がない相手にはいける気がしてきます。ソバットと弾、この2つが機能しやすい相手こそエドがリードを取りやすい相手なんです。

ソバットが振れないと判定は強いながらもリターン少なめなら屈中Pや弱P、立強Pなどを軸にしていかないといけないため単価負けから敗北に繋がりやすいのです。

 

しかし、キャミィに気持ち微有利を取れており、ネカリにはめっちゃいける気がしています。アビゲイルには五分という印象なんですが、アビゲイルと五分ってすごくない?という考え方もあるのでこうしてみていくとピック用として機能しやすいなという印象です。

 

上記は相手が自分と同程度にエドというものを熟知していた場合でのダイヤグラムです。

これが実戦だともう、ファンと同じくらいレアキャラなためにみんな対策がぬるめ。(対策しなくても勝てると言われればそれまでなのですが・・・)

なのでやや下方向にスライドされて、こんな感じになります。一番上で4:6、一番下で6:4ぐらいの気持ちですね。(3:7の組み合わせはこのゲームでは存在しません。)

私の視点だと思いっきりプラス思考にフィルターを通してこんな感じになってるのです。

ガイル豪鬼メナトはベガで対応できるから、エドを持つのも悪くない感じでしょう。

2ヶ月後に控えたシーズン4の調整で、ここからどう変わるか。楽しみです。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す