自作コントローラー向け基板”Brook Retro Board”のプレオーダー受付が開始!NES | SNES | GC | Xbox | SS | DC | PCE | PS1 | PS2 | PS3の10機種に対応

  • Pocket
  • LINEで送る

Brookから新製品の登場です。Jasen’s Customsの協力を仰ぎ、数年の歳月を費やし開発してきたため、中々に凄いものになっています。

絶賛発売中である最新のゲームハードに全対応していて簡単に取り付けられる基板Brook UFBに似た構造ですが(参考)、このRetro Boardは旧機種を対象としています。

対象機種は以下の通り。

  • ファミコン
  • スーパーファミコン
  • ゲームキューブ
  • Microsoft Xbox(無印)
  • セガサターン
  • ドリームキャスト
  • NEC PCエンジン
  • ソニープレイステーション
  • ソニープレイステーション2
  • ソニープレイステーション3

それぞれ端子が違うのでケーブルは別途機種ごとに用意が必要ですが基板1つでこれだけのハードに対応させているのは見事としか。64が対象外なのは残念ですが64で自作コンを使うようなゲームは特にないので問題ないという判断なのかもしれません。

ドリームキャスト用とPS/PS2用、PS3用のケーブルはすでに発売中のAkishop製のものを使います。セガサターン/任天堂ハード向けのケーブルは今後発売予定。

基板には、あらかじめメインコネクタがハンダ付けされているのでUFBと同じぐらい簡単に取り付けることができます。

BrookUFBの特徴と同じくゼロラグの限界を目指し開発され、低遅延を実現しています。基板にはアップデート機能があり(バグ修正や機能追加などが稀に行われます)

今までもレトロハード向けの基板は他社から出ていましたが、いずれも取り付けには練度や時間を必要とするものばかりでした。このRetro Boardはその点を解消しています。

また、BrookUFBと組み合わせたデュアルモード機能もサポートしています。

専用のDual Mod PCB Kitを組み合わせて取り付けることで2つの基板を1つのコントローラーに収めることができるようになります

UFBがPS3 | PS4 | Xbox 360 | Xbox One | PC | WiiU | Switchに対応しているので合わせて16機種に対応させた最強のコントローラーを作れますね。

このDual Mod PCB Kitは約10$でバラ売りされるので、すでにUFB愛用中で新たにRetro Boardを購入するプレイヤーにも買い求めやすくなっており、Retro Boardと合わせてArcade Shockにてプレオーダー受付中です。

Retro Boardの価格は59.95$、日本円で約6600円。日本からの個人購入も可能な海外通販サイトです。

□プレオーダー受付ページ(Retro Board単体)

□プレオーダー受付ページ(Retro Board&取付Kit)

□プレオーダー受付ページ(Dual Mod PCB Kit)

商品は8月中旬頃に出荷予定となっています。またEVO2018にて展示もされる模様ですので現地に行く方はブースに寄ってみてはいかがでしょうか。

 

BrookUFBを愛用中の私としては是非ともレトロボードとMod Kitを取り寄せて使ってみたいところです。

Retro Board取り付けの様子などは以下をご参考ください。(UFBとほぼ構造が同じなので手順は一緒です)

□全ハード対応のアケコン基板、Universal Fighting Boardの取付方法解説!

□【マルチ対応】TE2に「Universal Fighting Board」を取り付けてみました

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す