ストV 1人トレモで表裏やF式を調べる方法

  • Pocket
  • LINEで送る

山奥に住んでるソロプレイヤーには一緒にやってくれる人なんていないので同じ立場の人向けに書いてみる。

一緒にやってくれる人がいれば、「起き上がりに~してガード後に~やって」と頼めるんですが一人だとそうもいかない。そんなときに使える方法です。

ストVのトレモの出来はかなり良い部類なんですが、例えば表裏を調べるとき⇐入れっぱのガードレコードをし再生させても、自キャラが反対に行った瞬間に自動で⇛入力に切り替わってしまうんですよね。「1P,2Pどちらの側にいても⇐入れっぱしてくれ」という願いを叶えるためには人の協力なしには不可能なんです

そこで役に立つのが輪ゴム。まずはトレーニングモードの設定をプレイヤー操作にしてパッドを2Pログインさせてましょう。

そして輪ゴムを画像のように設定すれば・・・夢が叶うんです!!これでキャラがどちらにいっても入力方向が固定されたままになります。

見やすいように太い輪ゴムを使ってますが普通の細い輪ゴムでもヘアゴムでもなんでもいけます。

ちょっと角度を変えるだけでしゃがみガードにしたり1P側ガードに切り替えたり自由自在です。ぼっちトレモが捗ります!

あとは受け身した直前やジャンプ攻撃ガードした瞬間に状態保存してプレイヤー操作切り替え、屈ガードや立ちガードを輪ゴムでセットし状態保存からの再生と組み合わせて連係をぶつければ、表裏セットプレーやF式のコンボ/連係などを調査していけます。

トレモを終えたらちゃんとゴムは外しておきましょう。つけっぱなしにしておくとスティックの軸が痛みます

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す