【ストV】ベガ攻略vol.84 ヘルアタの出し方解説

  • Pocket
  • LINEで送る

ベガ使いの地力の差がここに出ると行っても過言ではないと言われるヘルアタ対空の解説。対空でない部分にも稀に使うけど本題とは逸れるので省略。

ヘルアタヒットからのコンボについても色々語りたいんですが長くなりそうのでここは手短に。

ヘルアタヒット後にブラストはやるな。最低でもダブルニー追撃、理想は強インフェルノ。画面端でのみブラストを推奨(他の追撃の難易度が上がるため)

コンボ解説は程々に本題の出し方について語る。
まず大きく分けて3種類。細かく分類して5種類の出し方がある。

まず1つは見てから出す。要するに相手が飛んできたのを見て迎撃する形だ。
これが一番見ることが多いだろう。反応力も問われるが意識さえしてれば概ね成功する。ただし低ストや空中EX竜巻のような普段のジャンプ攻撃よりも早いタイミングで飛んでくる攻撃にはかなりの確率で負けるのでキャラやゲージ状況によっては我慢しておく場面も必要になってくる。このときは3Hitヘルアタを基本的に狙えないので2発目ディレイで浮きを調節し最大追撃を狙いたい。

2つ目は飛び込みで出す。これも見てから出すに分類されるが、こちらは自らが飛んでから、あるいは同時の飛びのときに出す。基本的には飛び込み用のJ強P,J強K,J中Kを出す気持ちでいながらも、J中Pの上にも指をおいておき相手の動きを見てヘルアタを出すわけだ。これが成功したときは高めで当てたりベガが下降中にヒットすることになり1Hit当てからの再度ヘルアタ追撃が狙いやすい。

3つ目は反応で出す。これはもうそのまま。上への意識は散漫にした状態で地上戦を行い、見たまんまに反応してヘルアタを出す。これは出来る人と出来ない人がいる。私は好調のときだけ出来る。

4つ目は仕込みで出す。投げ重ね後などが狙い目だろう。垂直やバックジャンプで投げを躱して逃げる相手に追いかける形で出せば絶望を与えられる。ラシードとベガはバックジャンプ移動距離が長いので届かないことを覚えておこう。

5つ目は読みで出す。予知といってもいい。見てからでは間に合わないタイプの空中攻撃(ベガのEXヘッド、ユリアンのEXニー、キャミィの低スト強化スト、ラシードの三角飛び)などに対して「あなたどうせ飛ぶんでしょ?使うんでしょ?」という気持ちで出す。一見ハイリスクだが状況によってはジャンプ軌道が丁度よい感じに地対空透かしになったりで痛い目を見ることが少なかったりする。再戦相手に対しての手癖読みで使うことが多い。心を折りにいく奥義。
相手の技と位置関係によっては無理して前ジャンプから使わずローリスクに垂直ヘルアタで待ち受けるのも良し。

詳細なコンボ解説は気が向いたら書きます。ちなみに地上からヘルアタに繋げられるのは立強Kクラカン後とジャッジメント後だけ。


  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す