【ストV】ベガ攻略Vol.67 対キャミィ戦考察

  • Pocket
  • LINEで送る

シーズン1や2でもキツかった組み合わせですが、今回が一番キツイ。しかし、知恵と勇気でキャラ差というのは克服できるものなので頑張って行きましょう。

まずは知ろう。キャミィサイドの思惑。

キャミィ使いの基本思想としては第一に楽して勝とうとしています。勝負と見せかけて勝負していませんこのキャラ。卑怯なまでに早い歩き速度とバグのような移動値のバクステや出し得なVリバを多用して逃げ回り、それらになんとか追いすがろうとするベガに垂直や軌道変化技やテキトーに出せば落とせるリフト対空からの表裏でキャラ差の押し付けをしてきます。そしてターンを取ってからペチペチと殴り続けながら無抵抗なベガをリンチしておわります。一見勝ち筋が見えないようにも思えますが、楽させない動きを心掛ければミスを誘えるので同じ土俵に立たせて勝負ができるようになります。

ではどうしようか基本の動き

発売から2年間見られ慣れられてしまった鈍重なベガの前ステはほぼ封印で。特にコパン間合いに到達してしまうものはココイチで使うのみ。時間をフルに使っていく気持ちでじっくりと立ち回りましょう。無理して追わない。むしろ追わせるぐらいの気持ちで時には体力リードしたら下がってキャミィの前ステと飛びを狩る気持ちでこちらが下がるのも大事。

幸いにも歩き速度上昇により、歩いて間合い調節がやりやすくなったので、じわじわと距離を詰めながら立中K軸での牽制ムーブがやりやすくなりました。立中Kはキャミィの牽制に相性が良く、勝てることが多いです。楽してダメージを取ろうとするキャミィの立/屈中Kやアロー仕込みの立強Pなどにも勝ちやすいのが立中Kの良いところ。そして時々アックスや立強P,屈中K弱ダブルニーなども使う。4F技のリーチが短いので弱体化した弱ダブルニーでも反撃のされない先端当てをかなりやりやすい部類です。

ちょっと有利フレームを取ったらすぐにバクステでの状況リセットを多用する卑怯者にはダブルニーをプレゼントしましょう。バックジャンプするようだったら前ステでライン上げ。ウロウロしてるもんだからってスラを撃つのはやめておきましょう。リスクリターンが合わない。トリガー保険があるなら良いですが。

飛んでるだけで勝てるキャラを許すな対空

キャミィの飛びは非常に強力ですが、今作にて上半身無敵時間が付いて頭の喰らい判定が消え相打ちや一方負けしにくくなる調整が入ったベガのアッパー様のおかげでなんとかなりつつあります。とはいえ、まずは相手のゲージを意識。1本あったら常にEXストライクが来る気構えをしておくこと。ガン見してればちゃんとEXストライクも通常技も見極めてのアッパーで落とせます。ただしトリガーストライクに対しては無力なので発動中はガードかジャンプで回避しましょう。

コパン対空は要所で使いますが向こうに勝てる択があるので基本封印。アッパーを軸にしていきたいですが、ヘルアタックも狙える時はいきましょう。EX/VTストライクの餌食になりやすいので向こうが使える状況では堪える我慢も必要。全対応の対空手段はCAのみでしたが、今作で追加された技であるジャッジメントも全対応対空として使えます。状況限定ですが狙っていきましょう。

あとはアッパーの間合い外の手前落ちストライクに対しては立中K対空が有効。相性が良く一方勝ちもねらえます。

読み合いから楽して逃げるなVリバ狩り

AEの調整でガード後に確定反撃ができたので無理して狩る必要もないのですが、狩った方がダメージは高いので狩り方も併せて解説。確定で当たるベガの通常攻撃はアックスのみ。ただし先端当てガードさせるとベガの前にワープしてくるのでここにフルコンを入れるのが可能。確定させないようにガードに合わせてトリガー発動するとガード及びCAが間に合う。ガード前に発動させることでダブルニーキャンセル必殺技コンボのダメージをあげることが可能になるのも良いところ。(Vトリガーのどちらを選んだ場合でも)

確定反撃はVリバガード後、立弱P>中/EXダブルニーor弱インフェルノ>EX必殺技orサイコクラッシャー

必殺技にVリバされると確定されやすいが先端当てブラストの場合は手前ワープさせられるのでこれを固めパーツに使うのあり。先にも述べたが通常攻撃にはほぼ確定しないVリバなので打撃をガードさせる度に脳死で次の技を入れ込まずにVリバされてないのを確認して次の打撃を入れるようにしよう。ただし遅らせVリバに対しては確認したつもりの次の打撃に当たったりもするのでこの辺は読み合い。相手も頭を使ってるなと認め、固めの打撃を遅らせVリバ込みで対応できるように、より遅らせたりして混ぜるようにする。

なお、トドメ圏内の体力に落ちたときのキャミィのVリバは恐れるに足らず。全ての必殺技キャンセルCAで確定削りが狙えます。遅らせVリバでも回避無理です。

ベガのCAが全方位型なのでお仕置きができるのです。これはスカイでらや君に教えてもらった狩り方だったのですがキャラ差を僅かながら縮める効果があり非常に有意義なネタでしたね。

実は飛べるキャミィへの飛び込み

特権階級である3F昇竜持ちに加えてアホみたいな判定のリフトアッパーを持つキャミィ相手に飛べるわけがないというのは前バージョンまでの常識でしたが、今作ではリフトアッパーが僅かに弱くなったのに加えてベガのJ強Pが判定強化されたのでリフトアッパーに対して相打ちできる間合いができました。ココイチの間合いだけなのでトレモでキャミィを操作して自分で確認しておきましょう。相打ちの何が良いってダメージ勝ちできるところです。元の体力差もあるので数値以上の効果があります。ただしスパイク対空やってくる人に無力。

悩ましいVトリガー選択

私的には2を押しますが多分1のほうが良いかも。瞬間火力での圧殺とVTEXヘップレ、VTEXダブルニーでの切り返しができるので。

Ⅱにする一番のメリットとしてVリバにゲージを回しやすくなることろでしょうかね。今回のキャミィの固めはキツイので。サイコ暴れができるのも一応利点。あとは通常投げが後ろ歩きですかされる場面でもコマ投げなら吸えるというシーンがあるのでそこでの択が増えたりとかも良いところ。

基本コンボの火力が調整で上がったので体力900のキャミィ程度ならVT1は要らないなという気持ちでⅡを選んでいます私は。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    vsコーリンきついです!助けてください

    1. Maoh より:

      五分の組み合わせだから頑張れ。

コメントを残す