【ストV】ベガ攻略Vol.65 Vトリガー2と新たな3種の必殺技を徹底解説

  • Pocket
  • LINEで送る

防御力がシーズン2に比べて7割減しているのでトリガー2に一縷の望みを託していたのですが、ちょっと今回はベガ1本で大会を勝ち抜くのはかなり厳しいですね。

■Vトリガー2の基本仕様

通常技とシャドウアックスからキャンセル発動可能

Vスキルを使っても発動中はゲージ回復せず。

通常技・必殺技ともに性能変化はないが3種の必殺技が使えるようになり、通常技と必殺技が全てサイコジャッジメントとサイコクラッシャーでキャンセルできるようになる。

 

■発動コンボルート

シャドウアックスor屈強Porサイコアックス>VT>立強P>必殺技

サイコアックス>屈中P>VT>屈中P>チャージ

シャドウアックス>VT>立強P>強インフェ>弱ブラスト>クラッシャー(267437/443

立強K>屈中P>VT>屈中P>中インフェ>クラッシャー(217(427)/377)

※内部の()内はCA締め

基本的には

■サイコチャージ(100/100)

Vゲージ50%消費。空振り時は消費なし。投げ抜け仕込み可。ジャンキャンはたぶん無理。

6F発生、ダウン有利24F(前ステ+2F密着)、投げ間合いは立弱Kのリーチと同じくらい。少しだけ簡易入力が効いて3214+Kでも出せる。

近距離通常技キャンセルからのみ打撃投げとしてもつながる。

チャージ付与後の起爆モードはジャッジメント発動、または被弾(Vリバも)で解除。また、約7秒ほどで自動起爆。

・狙い所、各種ニーヒット後

・シャドウアックス>チャージ(雰囲気でいける)

・スラディレイキャンセル>チャージ(雰囲気でいける)

・立強Por屈中P>Vトリキャンセル>+4F密着から択

・密着EXブラスト>ガード後も+4F

・+2~4F起き攻め、あるいは打撃ガード後に

 

■サイコジャッジメント(70/90)

すべての技でキャンセル可能、ガード硬直は+14F、空中にいる相手には確定でヒット。

ダブルニーキャンセルから使用し、昇りヘルアタ追撃がセオリー。

チャージ付与後ならトリガー時間が切れても使用可能。

通常投げ演出中にオート爆破タイムが切れると無効になる。

オート起爆により打撃コンボ中に割り込まれることがある。

遠目での起爆に対してはダブルニーやスラ、サイコクラッシャーで追撃したい。

 

■サイコクラッシャー(100/100)

Vゲージ50%消費。攻撃発生14F。

起き攻めなどで持続部分を重ねると2Hit(170/200)になることも。

すべての技でキャンセル可能、打撃投げ無敵なし、遅めの玉無敵あり。

ガード時ー8F~+4Fになる。突き抜けた時は-8Fが多い。

わりと確定反撃で届く技が多いので留意。

相手端状況で自分が端に向かうように使うと確定反撃。

中インフェルノ前ステから使うと簡単にめくり当てできる。強インフェルノガードから使うとめくり当て。他のレシピは追々と。

CA追撃のみ、中央ならキャンセル。端なら持続当てで拾い追撃できる。

ヒット後、オート起爆により浮いた場合はEXインフェルノ追撃可能

相打ち時はもう一回サイコクラッシャー使うと追撃可能。

スラからのガード確認ディレイ発動で3F潰しの崩し利用可能

3F目から軸ズレ(端だとズレが弱い)1F目で潰された場合ゲージ消費なし。3F目で大きく下がるので+1Fから起き攻めに対しては中央でのみ実質投げ無敵になる

ブラストキャンセルで出すとブラストに出されたVリバを躱したりできる。

 

サイコクラッシャーとジャッジメントの追撃判定はCAと同等なため、今までのコンボルートの最後に持っていくことでダメージを伸ばせるが、技自体の火力が控えめなことに加え補正を考えるとあまり伸びないことが多いのでゲージ状況を重視して温存するのが良い場面が多くなるだろう。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す