【ストV】ベガ攻略Vol.57 被起き攻め時の投げの攻防考察

  • Pocket
  • LINEで送る

久しぶりのベガ記事ですが、今回はちょっと高度な感じでいきます。

一般的に知られてるベガの投げ対策方法として、VT発動中のEXヘッドプレスとCAをリバサで出すのがありますがこれに関しては今更なので特に語ることなし。グラップ仕込みブラストについても以前語ったので省略。

単純な暴れ投げ重ねに勝つ方法を考えていきましょう。

■基本はバクステ。

クラカンは怖いけど多くの択から逃げられるバクステ。ベガのバクステは移動距離が長いので成功すればベガの得意な近中距離になります。

やってない人が多いのですが、バクステでコマ投げをかわせた時は立強Pが入ります。強ダブルニーのタメも間に合うのでコマ投げ回避が出来た時は確実に狙いましょう。

■ジャンプ

”投げスカ>逃げたやつに対空”をされる危険がありますがクラカン属性が付与されないので時には使います。ジャンプ狩りを狙われた時用に昇りジャンプ攻撃を予め出しておくと良いです。見てからだと間に合わないので予測で出しておきましょう。オススメはJ強Kです。見る余裕や空対空が読めれば空中CAもありです。

背の高いキャラに対しては昇りジャンプ弱Kが投げスカに対して当たりますのでドットの読み合い時などに使うのもありでしょう。かなり密着じゃないと当たらないので間合いの広い投げをギリギリのとこで重ねられた場合などは届きません。

最低空昇りジャンプCAもありか?打撃重ねにはゲージを使わず空中喰らい逃げ、硬直の少ない通常投げのスカリにCAで最大ダメージ!(そこまでするんだったらリバサ暴れで出したほうがいいな・・・)

■ジャンプキャンセルインフェルノ

通常投げ重ねに対して読み勝っても引き分けしか本来は出来ないベガですが、このジャンキャンインフェに限り勝つことが出来ます。無論、コマ投げに対しても有効です。

ベガの必殺技の中でインフェルノだけジャンプキャンセルに対応しています。ガードされたらまずいことになることもありますが、基本的にベガに対して起き攻めを躊躇する人は居ませんので、読み負けたらカウンター喰らいするだけです。フレームのあまり知られていないEXか、Vトリキャンセル追撃のし易い強インフェあたりがオススメです。。

https://twitter.com/twitter/statuses/927900557020340224

入力方法はインフェルノコマンド後にジャンプ(どの方向でも良い)1FずらしP。リバーサルで入力されるのはキャンセルされるジャンプ移行のフレームなので画面上にリバーサル表示は出ません。練習する時はベガにEXダブルニー>ダッシュ投げをレコして自分で起き上がりにジャンキャンインフェを撃ちまくりましょう。

ノーマルインフェでもEXインフェでもどちらでも出来ますのでお好みで。投げに読み勝ってヒットしたときですが、ノーマルは普段から皆さんお使いなので言うまでもないでしょうが、滅多にないEXインフェキャンセルトリガーでの追撃は知らない人が多いと思います。追撃はEXダブルニー一択です。他は論外。ゲージなかったらステップで密着起き攻めかテキトージャンプ重ね攻撃するだけ。

■ジャンキャンインフェキャンセルEXインフェルノ

ジャンプキャンセルで出すノーマルインフェルノをずらし押ししてEXインフェルノにする。

メリットとして打撃重ねで潰されたときにEXゲージを消耗しない。ただ、検証が難しくて本当に出来ているのかイマイチ実感が湧かないテクニック。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す