【ストV】エド攻略Vol.3 両対応セットプレー集

  • Pocket
  • LINEで送る

基本的に全部体感で起き攻めしないといけないエドですが、両対応セットプレーも持ってるので解説。

エドの武器で両対応起き攻めに使えそうなのが

・サイコナックル

・屈強P

・立強K

・立中P(4F組への両対応)

・アンカー(タメ版とトリガー版)

・EXアッパー(ノリで重ねると楽しい)

・ジャンプ攻撃

・サイコスパーク

 

こんなところです。次に両対応起き攻めにいけそうなときが

・EXアッパー後

・ノーマルアッパー後

・アンカーエア(タメ版とトリガー版)

・足払い後

・投げ後

・弾(シュートとトリガーI)

ここらへんで作るのが良いと思います。

 

とりあえず見つけて作ったものだけまとめていきます。

 

■前投げ後

その場に立強K持続当て。受け身されずにかわされたら前ステして+8F。

ここから立中P、屈中K、屈強Pで両対応。対の択として体感投げ重ね

 

■端アッパー後、前ステスパーク

その場にヒット+2、ガード-1F

ヒット時シュートまで入れて+4Fから立弱Pフリッカーまで

ガード時はディレイシュートでレンガを外した崩しやEXシュートで攻め継続など。止めるのも勿論あり。ガードされてからもこの3択が許されてる。

 

後ろ受け身ヒット時は+7F、ガード時は+4F(投げ間合い)

ヒット時は屈中Pアッパー等。 カウンターヒット時は+9Fなので屈強Pにつなげたい。ガード時投げ間合いなのも良い感じ。

※前ステスパークが安定して最速で出来るかどうかでこのフレーム状況になるので一瞬でも遅れれば当然いろいろ変わっていまうので注意。

 

■端アッパー後、屈中P空振り屈強P

両対応だが後ろ受け身に対してキャンセルできない最終持続が重なりガード時不利なのでいまいち。

 

■立中P>屈強P>最速スプラッシュ後+26F後

両対応でガイストアンカー重ね可能

 

■中央アッパーダウン後サイコナックル

両対応で両方の3F暴れと相打ちし、ジャンプ逃げを許さない。相打ち時は前ステ立中P始動コンボにいける。

 

■端アッパーダウン後サイコナックル

中央とちょっと変わり、その場3F暴れにだけ相打ち、後ろには勝つ。相打ち時は最速前ジャンプ中Kからフルコンにいける。

 

■中央アッパーダウン後タメアンカー

両対応気味の嘘セットプレー。その場には一応当たるが重なってないので色々と逃げれてしまう。後ろ受け身3F暴れに相打ちジャンプ攻撃フルコンにいける。後ろ受け身からのジャンプ逃げは許さないが、中央だと足の早いキャラには後ろ受け身からの後ろ下がりですかされる。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す